とらちこの宝箱

2011年8月 1日 (月)

わたしのTシャツ(ほぼ日Tシャツ)

ほぼ日のサイトで毎年販売されるTシャツ

これが年々、様々な進化を遂げておりますが・・・

ことしのTシャツを売る前に

推薦文を募集したんですね~

とらちこも、CLASSICの愛用者ですので、迷わず書いておくりましたとも

そしたら!なんと!

糸井さんが選んでくださり、優秀賞に~

やったぁ~~おめでとあたしっ!

何がおめでとうって・・・ご褒美にいただけるんですもの~

(2枚買う勇気はなかったので、すっごくうれしい!)

そんなわけで

届きました!

T_2

とらちこがお願いしたのは

生成りのWADA LITE という、今年の新商品

これがまた、気持ちよいのです。

素肌にさらりと着たら、絶対心地よいって!

ゆったりすごすときに着たいなぁと・・思っています

T_3 こんなかわいいマーク入り

ちなみに推薦文の数々はこちら

とらちこはクラシックのほうに書いております。

ぜひともこのTシャツを手にとっていただきたいっっ

| | コメント (2)

2009年4月15日 (水)

生まれてきてくれてありがとう

さつぼうはインフルエンザ真っ只中に

11歳の誕生日を迎えました

4月15日・・よ・い・こ の日

なんですね~

とらちこの庭に今日のことを書きましたので、ここではさらっとね。

子どもを生むって・・大変な事ではない・・と言われたりもしますが、とらちこは長く入院生活をしました。

その中で、何度も悲しい現実を見てきて、子どもを授かり、無事に生むことの大変さを知りました。

とらちこ自身も結局は仕事に戻れず、妊娠期間のほとんどを入院と安静ですごしました。

だから、彼が生まれてきたときは分娩台の上で泣いてしまいました。本当に嬉しかったのです。

私はその後は残念ながら子どもを授かる事はできませんでしたが、

生まれてきたこの小さないのちのためなら自分の命なんて惜しくない・・

と思ったのと同時に、なにがあっても自分は生きてこの子を育てる・・とも思いました。

あれから11年

いのちのバトンをさつぼうに手渡した私は、それを大事にしてくれる人に育ってほしいと願います。

バトンをつなぐとかつながないとか・・そういうことよりも

自分の命を大事にできる・・そして、自分だけではない「いのち」を大切にできる人に育ってください。

もう・・それだけ。ちゃんと生き続けてくれるだけでOkです

自分の子育ては後悔ばかりです。あれよあれよというまに息子は大きくなってしまいます。やり直しがきかない子育て・・・夜中に目が覚めては、なんだか思い悩んだりもしますが、どうぞ今のまま、やさしい心を持ちながらゆっくり大人になっていってね

Photo_4

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

2分の1成人式

こういうことをどっちのブログに書こうか迷ったりもするんですけどねやっぱりこっちにする事にします。

今日、さつぼうの小学校は参観日でして、10歳になる4年生は各クラスで

2分の1成人式

が行われました。

先生に呼ばれ、一人ひとりにメッセージの入ったカードが手渡され、受け取ると今度は自分の将来の夢を大きな声で発表する・・というものでした。

しょうらいはぷろやきゅうせんしゅになって、メジャーリーグでピッチャーで20しょうとりたい

ぱてぃしえになって、あたらしくておいしいおかしをつくりたい

やさしいひとになって、こまっているひとをたすけたい

・・・・・・・たくさんの子どもたちの夢がキラキラ光っていました。

さつぼうは

・・・・熱を出して休んだときにひとこと

「ねぇ・・・しょうらいって・・・・なに?」

・・・・・・・・・・

そこからですか??むすこよ・・・・

説明をいたしましたところ、

「おれ・・まだおとなになってなんのしごとするかきめらんないなぁ・・」

と言っていたさつぼう。

(しかし・・その前には「しぶやでおかいものしたいとかっていうこと?」などと言っていた息子・・・なんで渋谷??つか、そんなとこいっても買うもんないだろ・・きみには)

で、今日。

果してなんというのか??と思っていたところ

「すなおでしょうじきにげんきにくらしたいです」

・・・・・なんか年寄りっぽいけど

母的にはOKです。それがいちばんだね。どうか元気に暮らして欲しい・・・・

そのあと、この1年でがんばった事をそれぞれ発表し、さらにおうちの方への感謝の言葉がありました。

これもなんか泣けちゃったよ~

わたしをうんでくれてありがとう・・・

いつもおいしいごはんをつくってくれてありがとう・・

いろんなところにつれていってくれてありがとう・・

しゅくだいみてくれてありがとう・・

たくさんのありがとうがこどもたち一人ひとりの言葉で語られました。(全て子どもたちが自分で考えた言葉だそうです)

ちなみにさつぼうは

おいしいごはんをつくってくれてありがとう。ランドセルとかノートとかえんぴつとか・・おかねをだしてくれてありがとう

・・・みたいな事だったように思います・・・・あのねぇ~まぁ素直に喜ぶ事にします。

子どもが10歳になったとき、「母」としての私も10歳になりました。学校の授業の一環でも、こうして「ありがとう」をもらうとうれしいですね。同時に私たち親も「ありがとう」と心でいっていたと思いますよ。

ありがとう

あなたのおかげでわたしは「母」になれています。私を「親」として育ててくれてありがとう。これからも「母」であることをあきらめずあなたに向かい合いたいと思います。

このあと、小さなときの写真をそれぞれみて、これは誰でしょう?と盛り上がりました。(しかし・・今の学校の設備はすごいね~~!大型プラズマテレビに接続して写真もきれいに写しだされるんだよね~~)

それぞれがんばった事の発表もあり、音読や、合奏、歌・・数人のグループでの実演がありました。さつぼうは、縄跳びでしたよ。

4年生になっての1年・・おわってしまえばあっという間。でも、ずいぶんいろいろな事があったように思います。これから待ち受けていることは、更に大変な事かもしれないけれど、ひとつひとつうまいこと乗り越えていけるように、私もちゃんと見つめていこうと思います。

担任の先生もとても良い方で、さつぼうも幸せだったなぁ~。あと1ヶ月、うんとたのしい気持ちを膨らませてほしいと願います。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

おなかのなかで・・

とらちこのおともだちがお子さんとの会話を記録していまして、それがとっても可愛かったのでここに紹介させてくださいね

(おこさん)「○○くんなぁタマゴから産まれてきたん?」

(ママ)「ちがうわっ。○○くんはママのお腹ん中にいたんやで。知ってた?」

「うん!!知ってるで!」

(えーーっ!!今タマゴって言ってたやん!シッタカ?!)

「ほんでタマゴからでてきたん?」


「ちがうってゆってるやろぉ。ママのお腹からでてきたんやで

「じゃあママのお腹にいてオシリカラでてきたん?」

(オイッ!!!よぉシッテルやんかと思いつつ)
「ほーや!!!」

(まぁねちょっとチガウけど。。。似たようなもんやしね。いいよね?)


「○○くんなぁ、ママのお腹の中にいるときなぁミルク飲んでたんやで」
「ほーかぁ」

「ほんでなぁ、ニンジンとかなお菓子とかアイスもあったんやで!」
「へ~オイシカッタ?」

「うん!ほんでなぁ、全部なくなってもたで、でてきたんやで」
「えー!!!全部食べてもたででてきたん?!」
「ほーやで!おなかすいたで出てきたんやで」

このあと、このママにきいてみたところ

16時間飲まず食わずで陣痛に耐えていたとのこと。おなかすいていたんですって!

こどものことばって、不思議!

そしてなんかくすぐったくて、癒されちゃう

とらちこもさつぼうが小さいときにおしゃべりしているのを録音していました。かわいいんですよたどたどしいことばでうたったり、話しかけてくれたり・・・・

私の宝物ですよ。

・・・・ですが

カセットテープなんだよね~~~

家の中にはすでに再生できるものが存在いたしません(泣)

ま・・・・それでも大事ですけれど。

このたまごからうまれてきたぼくちゃんのお母さんも、この会話がきらきらの宝物だと知っているんです。おかあさんって・・親の思いって・・あったかいね

| | コメント (0)