小さな祈りの小部屋

2013年1月 7日 (月)

おもうこと・・・

今日はいろんなことを考えた一日でした。

大きな悲しみを抱えて出勤したものの
おさえきれずどうしても涙が出てしまう

... そういう時って
長い人生の中では
あったりするもんです。

こういう小さな集団だからこそ
そんなときは支えあって
こどもを大切にするのと同じくらい
働く仲間を大事にしたいと思うのだけど

困ったことに
その理由をやたら知りたがる人たちもいるわけで

でも
今日はまだ話ができる準備ができていないのだから
(見ればわかるくらい憔悴してる)
そこは汲み取ればいいと思うのに

いかにも正当な理由をつけて
真相を聞きたがる・・
それがないと支えることができないとまで
言い出す始末


・・・・
事の詳細を知るのは
あたしと園長と主任の3人だけ

(本人は早退させました)

「知らない」ことを「知りたい」
気持ちはわからないでもないけれど
職場全体に広げる話ではないのだよ・・

さすがにしかしこれでは・・と

主任が程よく説明をして
(でも本当のところはふせました)
一応おさまったけれど

こうやって
知りたがって騒ぐのは
みんな50前後のおばさんたち

若い人たちのほうが
様子を見てとり
こころに収めつつ
きっと何か理由があるのだろうと
それ以上口にせず
過ごせているのです。

あぁ・・
大人になるって
なんだろう

同じ世代の人として
考えさせられました。

あたしがそっち側にいることもあるかもしれない・・

 
職場に入って
そういうそぶりを見せるなら
状況を話すべきだ

・・・・なんて
ちょっと聞けばもっともそうに聞こえるけれど

あたしたちの職場は
人との繋がりで成り立っているのだから

察する・・・

そういう思いやりが
その瞬間はあっていいのだよ・・と
いいたい。

とくに今は
こころの傷口が
大きく口を開けているような
そんな状態なのだから。

今は悲しみの淵にいるその人に
希望の光がそそがれますように・・・・

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

永遠になってしまった・・

中村勘三郎さんの訃報を今朝のテレビで知った時
おもわず「ええ?」っと
固まってしまいました。

もちろん闘病中ということは誰もが知っていたことですが
とらちこは勝手に来年の歌舞伎座の杮落し公演に間に合わせるための静養・・・と思い込んでいたのでした。(何の根拠もありませんが・・・sad

真っ先に書き込んだFBでは
勘三郎さんのことが好きなお友達が
その思いをつづっておりました。

たくさんのお芝居を見たわけではありません。

でも
勘三郎さんのあの軽やかで
色気と品があり
それでいて鬼気迫る迫力のある
その姿は
本当に魅力的でした。


歌舞伎を身近にしてくれたのは
勘三郎さん(勘九郎のほうがなじみがあるね)

これからやりたいこともたくさんあったでしょう

やらなくてはいけないこともたくさんあったでしょう

・・・・・でも

なんとなく
からりと笑って手を振っているような

そんな気持ちにもなってしまうイメージの持ち主です。


もっと観たかった・・・

そう思わせて
あっという間に永遠になってしまった
中村勘三郎さん
ご冥福をお祈りします

・・・・・・

あたしマックカフェのCM好きだったよ

あんなことしちゃうのも勘三郎だからだよなぁ・・wink

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

きっちゃん

夕方に猫のきっちゃんは静かに旅立ちました。
これはあたしの実家にいる猫ちゃんです。
実家の祖母が亡くなった年に、玄関の前におかれたこねこでした。

たまたまその日は、実家で夕食をとるためにみんな集まっていました。
遅れて帰宅した夫が手のひらに子猫を乗せて「こんなのいたけど・・」
と部屋に入ってきたのがはじまり。
玄関から来た・・ということで
「げんかんきたぞう」という名前になり
実家の両親がそのまま飼いはじめました。

その後、弟夫婦に娘が二人
あたしに息子が一人
それぞれ生まれて、みなこのきっちゃんと仲良くしながら
大きくなりました。
とくに我が家は実家のすぐ近くだったこともあり
息子はそこで育ったようなものです。
きっちゃんと一緒に育った息子にとっては
特別な存在だったように思えます。

(我が家にも「とらち」という猫がおりました。とらちのおはなしはまたこんど・・)

病気の父も、それを支える母も
きたぞうの存在にどれほど癒された事でしょう。

お世話をしなくてはならない弱いものが家の中にいるということは
それだけで人をしっかりさせるのです。

あまえじょうずで
わるいことをすることもなく
おだやかな正確の猫ちゃんでした。

夜には弟一家もお別れに来てくれました。

みんなに愛されて
そして
みんなを愛してくれたきっちゃんに

たくさんのありがとうを涙と一緒に花束にして
おくります。

| | コメント (2)

2011年12月23日 (金)

クリスマスの前の前の晩・・

それはきっと些細な事から始まって

ちょっとボタンを掛け違ったことから

だんだんおかしなことになってきているのかもしれない

あたしのまわりで

何かが少しずつ変わり始めていて

そのことにうまく向き合えていない自分との戦いの日々

あたしのことだけでなく

それはさつぼうの事だったり

それはとうちゃんのことだったり

それはじいじとばぁばのことだったり

全部がすこしずつ変化している

そのことで

どうしていいのか答えが見つけられず、今この場所から逃げ出してしまいたい衝動をおさえていくのが精一杯だったりしてる・・・そんな自分も嫌なんだ

かみさまはじぶんのひとりごを世に与えた・・そのクリスマスがもうすぐやってくる

それなのに

あたしのこころとからだはばらばらのまま

大切なものを見失ったまま

サンタはこんなあたしたちのところにもやってくるんだろうか・・・

あたしは相変わらずおおきな深い闇のふちを歩き続けては、叶わない思いに内出血を繰り返す。そんなことの代償がじわり・・と近づいている予感がしている

あたしはだれのためにいきているんだろう

あたしはだれのためにいきていけばいいんだろう

夢から醒めなくてはいけない時間も近づいてるのに、そうしたくないあたしがいて、そのために苦しんでいるあたしもいる。

かみさま

あたしは手放すべきものを手放せないでいます。こんなに苦しいのに、それができないでいます。どうしていいのかわからない・・なんていいません。どうすればいいのか知っているから。どうかこころとからだが張り裂けそうになるあたしに強さをください。こんなふうに泣く事のないくらいのつよさがあたしに与えられますように・・・・

|

2011年5月14日 (土)

日はまた昇る

当たり前のことがこんなにありがたく感じるときがくるとは・・

これも年令のなせる業なのでしょうか?

夜になると、なんともいえない不安に襲われて、悪いことばかり考えてしまうのです。これは夜中だからそんなふうに思うのだ・・・朝が来れば気持ちも変わるはずだから・・と自分に言い聞かせるのに、心の中のもやもやは消えることなくとても嫌なものです。

でも、朝になると、思い悩んでいた事がたいしたことではなくて、ちゃんと解決策も思いつくし、不安がる事などないのだと思えるのです。

あぁ・・・なんか嫌だbearing

とうちゃんの病気と向き合うために自分にもっと強い気持ちが必要だと思うのに

さつぼうの新しい生活を支えるためにもっと広い視野も必要なのに

あたしにはそれを満たすことができない~weep

悪いことを考えるばかりで、そこへ行き着くかもしれないとしても、それまでの時間をどれだけ豊かにすごせるのかという事が絶対大事だと思うのに・・わかっているのに、何か受け入れられない自分がいたりします。

そんなことを考え、布団の中で震えながら朝を迎え、けろりとしている夫と息子に拍子抜けしてみたり(笑)

なにやっているんでしょうね・・わたしはcoldsweats02

そんなこんなを包み込むように、日はまた昇るんです。

昼と夜をつくったかみさまはすごいな

ついでに

かみさまは乗越えられない試練は与えない・・ということも自分に都合のよいように解釈して、必ず山を乗越えていけると信じて歩くのみ!

もっともっと苦しい思いのなかで生活している人が大勢いるのだもの。

目の前の事をしっかり見つめながら生きていかなくちゃ。

・・・・愚痴りたい気分だったのでこんなことを殴り書きです。失礼いたしました。

髑髏城の七人、大阪先行真っ只中で、エントリーしたいのだけどさつぼうの部活の日程がわからなくて日を決めかねてますsweat01

| | コメント (2)

2011年2月23日 (水)

OVER40まだ魂・・・

すいえん話を書いていたら日付が

2月23日になっておりました。

cakeおめでとう!あたし!cake

また1年生きてこれました。

またひとつ歳を取りました(笑)

自分が確実に老いてゆくのがわかりますが

それはそれで

けっこう面白がっていたりもします。

(この間僕らの時代でも古田さんやきょん2もそんな話をしていましたよね)

できることならこれからの1年・・

どうぞ元気にいつものように生活できますように。

大切な家族のそばで

今日と同じようにすごせますように

それに・・・・

今年はDVDやCDや・・ほんといろいろ発売されるからhappy02

観たいものもいっぱいだから!!

そんなわけで、バイト君よりひとつお姉さんに(っていうか、もともと学年あたしのほうが上か)なりました。

2ヶ月後には阿部さんも誕生日だぁ~~~shine

こんなわたしですが

どうぞこれからもよろしくお願いいたします!!!!!

Photo_3

やっとリビングにフィッシャーの絵を飾れましたheart04かなり大きいんですよ~

| | コメント (6)

2010年12月17日 (金)

立ち向かう勇気と強さ

連日病院に泊まり込み
眠れない夜を過ごしてきましたが
昨夜は久しぶりに狭い簡易ベッドでぐっすり眠ってしまったようです。

現在我が家のとうちゃんが入院、治療中です。

今もけしてよい状態ではありませんが

本人はからだが楽になってきている様子。


さつぼうは実家の両親が
病院へはオットの母や兄弟が顔をだしてくれて

職場でもわがままな休みを理解して応援してくれ

皆に支えられて私ととうちゃんはここでがんばれます。


ひたすらに前をみて

たたかうのみなのです。
絶望しかけた時も
下をむきたくなった時も
負けないだけのつよい心をください…と祈り
前をむけ!と渇を自分にいれすごしています。


でも実は

一番苦しいとうちゃん自身が割とけろりとしていて、誰よりも前向き(笑)ありがたい

さぁ今日もがんばろう

そしてあの家に帰ろうね

そんなわけで
魂や阿部さんについてはすっかり情報についていけてません。
…むしろ教えてほしい(笑)

ライブや舞台チケットも全て手放しました。
その手間を全てひきうけてくれたお友達に感謝です。無駄にならずにほんとうによかった!


それでも武道館へは笑顔でいくぞ!
を目標に

がんばる!

| | コメント (4)

2010年8月15日 (日)

平和がすき

終戦の日

今日も暑くなりそう・・

今の時代も厳しい社会現実の中で

生きることが大変ではあるけれど

でも

家族を奪われるあの時代に生きたいとは思いません

そして未来を

あの時代に戻すようなことは

絶対にしたくない・・

人の親になって

やっとそのことに気がついた私だけど

大切な息子を、夫を、父を、友人を

戦地に送るような

そんな時代に絶対にしない!

若者が貧しさに苦しんでいるこの時代

戦いに行くことで給料がもらえて生きていける

・・・そうするしかないと

それしか生きる道がないと

若者が決断するような

そんな社会であってはいけないと

・・・どうしてもそう思いたいのです。

わたしなんかができることは

ほんの小さな一滴

それでも

守りたいのです

家族を守りたいと思うことは

そのまま平和へつながっていくと

信じています

だから叫び続けます

平和がすきだ!

~8月15日~

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

河のように・・平和

今日は8月6日だけど

この日だけが特別とかじゃないんだ・・

でも

今日がきっかけで

知ることの入り口に立てることは大切。

ヒロシマがかわいそうとはおもわない、ニッポンだってしんじゅわんとか・・やってるから

という声があったということを今朝どこかのテレビで聞いたけど

それはそうかもしれないけど

そこだけを見つめていたら

何も終われない

始まらない

人の歴史には消せない事実があるわけだけど

だからこそ

未来をどうつくればよいのか

考えることもできるんだよ

平和・・河のように・・心に・・

という歌を子ども達と歌っています。

ずっと続く川の流れのように

当たり前のように

平和がながれ続けますように

そして

あたしは

そのことをちゃんと声に出せる

大人でいられますように・・

| | コメント (0)

2010年1月31日 (日)

初めてのことだらけで

私事ですが・・家族の一人を亡くしまして、先週1週間は目の廻るような日々でした。疲れているとか、哀しいとか、そういうことになるべく気がつかないように、できる限り頭の中を冷やして対応するしかなかった数日間。

気がついたら夜の道、対向車線を車で走っていて、そのことにすら気がつかなかった自分に凹みましたけど・・・危なかったsweat01まじで・・・。

でもそのことで、あたし疲れてるんだ・・・と気がつきましたがwobbly

でも、私以上にがんばっている夫とその家族は(・・夫の実家ってことね)もっと大変だと思うから、できる限り踏ん張ろうと思います。

さつぼうも随分がんばってくれていました。

泣く暇さえなかったのだけど、実はお休みをいただいて二日目に、職場へ顔を出したとき、たまたまクラスの子どもたちに会えました。そのときには笑顔で切り抜けたけど、本当は声を上げて泣けそうなくらいな私でした。心が緩むというかんじでしょうかね・・

その後の葬儀のときでも、ほんとに忙しくて泣くどころではなかったのだけど・・・その中で職場の園長の姿を見たとたん涙があふれてきました。

・・・・自分でも気がつかないくらい、職場が自分の中でこんなに大切な場所だったのかと思い知りましたよ。

家族にも見せられない弱いところを、なぜかさらけ出せる場所です。・・普通はそうじゃないよねsweat01でも・・確かにそういう仲間たちなのです。

事務的な手続きがたくさん残っていて、本当はまだ数日お休みがほしいところですが、とにかく明日は職場へ行って、これからを乗り切るエネルギーをもらってきます。

・・・正直どうしようかと、迷いに迷って、悩みに悩んでいたところへ、仲間からメールが入って、一気に気持ちが軽くなり携帯もって泣きました。

まだまだ迷惑をかけそうです。くびになっても仕方ない状態なのに、今を受け入れてくれる職場に感謝!ちゃんとすませて、恩返しができるようにがんばります!

・・・それからちゃんとお返事できないままでごめんなさい!

ゆっくりですがお返事コメント書くのを楽しみにここへも来ます。

ついったーのあべじゅーるさんから教えてもらったあべ一座の新年会ショットheart04

なんかほんとに仲良しね。

げんきになります!ありがとう!!(あべこうじさんブログより)

Photo

| | コメント (10)