« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月15日 (土)

今頃の鋼鉄番長

ほんと・・今頃ですが

ようやく演劇ぶっくを購入してきました。

なんかね・・・こういうものになかなか手が出なかったんです。ものすごくみたいし、情報もほしいのに、そういう気持ちになれないというか。(結局魂のアルバムも聴けていないんですdespair目の前においてあるんですけどね)

なるほどねぇ・・家族が元気でないと自分の楽しみを追求できないっていう感情が私の中にもあったようですcoldsweats01

で・す・が

もういいでしょ(笑)

そんなわけで「演劇ブック」

今月号も劇団☆新感線「鋼鉄番長」の特集が!

今号は2号三宅番長の出番です。

Photo

とらちこはじゅんさんの剛鉄を観ることができなかったのですが、払い戻しをした後再び売り出された大阪のチケットを買い、強行で観に行ったのでした。

・・・うん

いってよかった!!

たった5日間の稽古、その期間の様子をついったーで読んではドキドキしていたのですが、プロの役者さんのすごさを目の当たりにしてきたというか・・・

ひたすらにおもしろくて(笑)

でもね・・OPでの三宅@兜剛鉄のダンスを見たときに涙が出ちゃったってことは内緒にしていてくださいsweat01

演ぶにはその三宅さんのインタビューが掲載されています。

家に帰って泣いちゃったとか・・きつかったろうなぁ、でもそれを形にした三宅さんやカンパニーの皆さんがやっぱりすばらしんだなぁ

舞台ではしっかり三宅剛鉄になってましたしね~(手足短い・・みたいなこともいわれていたし)

じゅんさんには色気があるけど三宅さんにはなんともいえない可愛さがあるような気がしました。・・・・どこかおもちゃみたいな(笑)うっとおしいけど手元に置いておきたいみたいなsmile

(三宅さんのがんばりは番長ブログのほうにありますのでぜひ)

あ、演劇ぶっく2月号にはほかにも「母を逃がす」が特集されています。

これもね。。。無理やりだったけど観にいけてよかった!(本当は3公演行く予定でしたが2公演は行けませんでした)

池津さんが演出の違いについてかたっているところが興味深かったです(演ぶね)

舞台って目の前で人が演じている姿を見るのだけれど、その気迫や勢いや熱や・・もういろんなエネルギーを感じることができて、こんな贅沢なことって他に無いよなぁと思えるんです。そしてそこからまた目に見えないちからのようなものを自分の中に取り込んで帰ってくるという気持ちになります。

演劇の文化って・・よくわからないけれど、これからもずっとあり続けていくだろうし、あっていってほしいです。

今年も気になる舞台が盛りだくさん!!

とらちこが観に行けるものは少ないですが、その贅沢をするために今日もがんばるのだ~scissors

| | コメント (2)

2011年1月13日 (木)

げんきなのだ!だだだ!!

2011年もとっくに始まって今日は魂さん、広島で盛り上がったことでしょうhappy01

たくさんのことがありつつ、我が家は無事に年を越すことができました。

心配していたとうちゃんもお正月あたりからようやく回復に向かい、今では体の管も全部(細かく言うとまだ少しのこしてありますが)抜けて、体がようやく自由になったところです。

私は今週から仕事に復帰しております。・・・でも、さすがに疲れるようで、免疫力が落ちるというの??こういうの・・体のあちこちにこまごまとした不具合が生じておりますcoldsweats01ビタミン剤を飲みつつがんばりますscissors

とうちゃんの病気についてはもう少ししたらここにも書いておこうと思います。実は私も検索かけてあちこちのサイトをみてまわり、専門のサイトよりも、体験されたご家族等のブログがしっくりときて励まされたんです。

こういうときは少しでも望みのある場所を探してしまうんですよね・・・・

っていっても、私の場合はたいして記録もしていないのでいったい何の薬を使ったとかはわかりませんが・・・・

魂のツアーも始まり、「だだだ」が主題歌のアニメも始まり

阿部さんは今年は映画のお仕事がたくさんで、宮藤さんはウーマンリブ、三宅さんの舞台もまもなくチケット発売だし・・・それに新感線は春のじゅんさんの公演に続いて、あの髑髏城だし!!!!!!

なんだなんだ・・

ことしもぼんやりできないじゃないか!!!!

楽しむためには家族も健康でないといけないわけでして

はい、がんばりますcoldsweats01・・・できるかぎり・・・のがんばりですがsweat01

そんなわけで

fuji今年もどうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »