« 松尾さんまってました!! | トップページ | 春がそこまで・・ »

2009年2月15日 (日)

ありがとうとさようなら

さつぼうが二年生のクリスマス

サンタさんにお願いするものもない…というさつぼうに
サンタさんは
小さなハムスターをくれました。

ちいさくて
ふわふわで
あたたかくて

愛らしいその姿はみているだけで優しい気持ちにさせてくれます。

そのかわいいいきものは私たちの家族になって
いつもそばにいました。

ジャンガリアンはゴールデンほど長く生きられません。

この一年はすっかりとしをとり、よれよれながらも、愛嬌をふりまいていました。

そのハムちゃんは
10日の夜、眠ったまま生を終えました。

静かに
おだやかに

とらちをなくした前の夜
私の手のひらで死んでいったハムスターは、とても苦しんで、みているのもつらかったのです…

でも
サンタさんからいただいたこのこは

私たちにあたたかな思い出を残して
またサンタさんのところにかえっていったのでしょう

昼間、さつぼうと実家の庭に穴をほってお墓をつくりました。

さつぼうは何度もため息をついて…

多分
可愛がっていたものとの別れを実感する年齢になったのでしょうね



おやすみのひでよかったね。だって、ふつうにひるまにおはかにしてあげれるもんね


さつぼうがそう言ってました。そうだね…

お休みの日でよかったね

ちゃんとお別れできたもんね

Photo_2

とらちこはずいぶんたくさんの小動物と暮らしてきた経験があります。結婚してからはマンションという環境と、夫も子どももアレルギーもちということでかなり制限しています。

一人っ子のさつぼうにとって、可愛がる対象がいることはとても重要です。そして別れを体験する事も大切な経験です。

そういうことを受け止めたり考えたりできる年令になってきたんですね。

|

« 松尾さんまってました!! | トップページ | 春がそこまで・・ »

コメント

とらちこさん・さつぼう…大事な家族を亡くしちゃって寂しいですね。
でも苦しまずにサンタさんの元に逝けて良かったですね!
みんなに愛されて最後まで小さな家族は幸せだったと思います。
我が家にも室内犬を飼っていますが、もう老犬(^_^;)
うちの娘も、さつぼう位の歳に家族の死を初めて受け入れる事になるんでしょうね(/_;)/~~

別れもあれば、また出会いだってあると思いますよ~o(^-^)o

投稿: あ~たん | 2009年2月15日 (日) 22時42分

noteあ~たんさん
ありがとうございますconfident
とらちをなくしたときとはまた違う感じで・・これはこれでよい経験だったなと思います。
ハムちゃんくらいだと一緒にすごす時間が短いのでなんというか・・このところは寂しさの防衛策・・とでもいいましょうか、ついついこっちになってしまいます。
終わりがあるから始まりもある・・いのちが続くという不思議を感じることはたいせつですよねhappy01

投稿: とらちこ | 2009年2月16日 (月) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松尾さんまってました!! | トップページ | 春がそこまで・・ »