« 俺だって子供だ!! | トップページ | いいともだぁ~~~~ »

2008年10月30日 (木)

いきる・・・

宮藤官九郎さんの「俺だって子供だ!」の本

かんぱちゃんに「うまれてよかったね」

という言葉で終わっているのですけれど・・・もうそれは、きっと世界中の大人たちがこどもたちを見つめるときにおもうフレーズだと・・・わたしは信じたいな。

生まれてきたことを喜びたい・・

もちろん親は「生まれてくれてありがとう」・・とおもう瞬間があったりするんですけれど、やっぱりこうやって生まれてきたことを・・・その事実を自分が喜ばないとなconfident

怒髪天のボーカリストの増子さんのブログからなんですけどね

「何の為に生きているかと問われたら、確かに明確な生きる理由なんて無いんだと思う。
でも、せっかく生まれたんだから。勿体ないから寿命を使い切ればいいのに。」

ちょっと面白くて・・それでいてなんか納得できちゃうのよね

「自分が楽しくなかったら、せめて人に楽しんでもらう、というのはどうだろう?
喜ばせたり、助けたり。それ何になんの?と問われても、人生なんか全部そもそも何にもならん。でもそういうなかでこそ自分の価値や居場所なんかが見つかるのかもよ」

日本の自殺率が高い・・ということからのコメントなんですけど。

生きる

生き続ける

それが本当につらいときもあるかもしれない・・それでも。

増子さんのサイトはこちら

|

« 俺だって子供だ!! | トップページ | いいともだぁ~~~~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺だって子供だ!! | トップページ | いいともだぁ~~~~ »