« はやくみたいよ~~~ | トップページ | いよっ!滝川屋っっ!!(追記あり) »

2008年8月 6日 (水)

夏の日・・

もうすぐ8時15分です

63年前のあの日もこんなふうに暑い日だったのでしょう

普通に朝の時間が流れ、ふつうに家を出て、ふつうにいつもの生活へと動き始めた時間の出来事です。

核兵器は廃絶されることにのみ意味がある

ヒロシマ・ナガサキの現実。

どんな理由をそこに用意しても、それは無意味です。

こんなことは世界中のどこにもおきてはいけないのです。

子どもたちの未来を守るのはおとなの責任です。

私たちが、地球の上の大人たちが、みんな同じ思いで向き合えるならよい方向へ動き出すのにね・・・・

でもそのためにちいさな動きでも止めないことが大事です。

そしてこどもたちにもきちんと伝えて行きたいものです。平和がどれほど大切なものなのか。退屈している若者に、それでも平和が必要なのだと。生活のためなら戦地にも行く・・という若者たちに。

平和だから

苦しいことがあっても

思い悩むことができるのは平和があるから

戦争が始まってしまったら、何も考えられなくなる・・考えてもどうにもならなくなる・・・

ことし、さつぼうをつれていった朗読劇は来年広島へつれて行くための布石でした。5年生になった息子と一緒に夏の広島を訪れる予定でいます。

目を向けよう

学ぼう

動こう

|

« はやくみたいよ~~~ | トップページ | いよっ!滝川屋っっ!!(追記あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はやくみたいよ~~~ | トップページ | いよっ!滝川屋っっ!!(追記あり) »