« たのしいよ | トップページ | 新生れ!栗原! »

2008年7月28日 (月)

サマーカレッジIN静岡

7月26日27日 無事に終了いたしました。

たくさんの方の参加、ありがとうございました!

今回150名を越える参加者の皆さんと一緒にサマカレを楽しむことができました。笑顔が笑顔をつれてきた・・まさにそんな印象でしたよ。

まだサマカレは全国をまわるので詳しいことはかけませんが、1日目よりも2日目のほうが笑い声が大きくてなによりもグループになったときの盛り上がり方が違いましたよね。

これがサマカレマジックです。

この感覚はたぶん参加しないとわからないかも・・・人として一番大切なことをいつのまにか学んでいるわけですよ。

ぜひそれを日々の生活の中にも持ち帰ってくださいね。

ダンスもどうでしたか?まっちゃんのダンスはDVDにもなっていますのでおすすめです。ゆずりんやぴかりんは・・なんとかがんばって覚えちゃってください~~(汗)レジュメのダンススコアをみると思いだせるよwink

そしてあそび・・今回、1日目の遊びの中でぴかりんの言った事が心に残りました。

わたしもね・・子どものころ母親が歌っていたお手玉の歌をなんだろうな・・?っておもいつつも歌っていたひとりです。

「にちれつらんぱん(・・と、耳に残っているので本当のところはわかりません)はれつして にちろせんそうはじまった さっさとにげるはろしあのへい しんでもにげぬはにほんのへい」

こんな感じのものでした。おそらく母も子どものころその歌を教えてもらいながらお手玉をしたのでしょう。そして覚えているままに子どもの私にお手玉を教えるときに歌ったのです。・・・・ふしぎとそういうものってこの年齢になっても覚えているものですね。

そこなんですよ

覚えているんです。

子どものころに耳に入ったものは・・・つまり伝承されちゃうんですね。

もしちゃんと意味や願いがあるのならこんなすばらしいものはないんですよ。わらべうたがそうですね。

でも

こうやって当時の子どもたちに刷り込ませたものが疑問も持たないまま伝えられるって・・そこに意味があるのでしょうか?今の社会に、子どもを育てるときに、必要なものでしょうか?

子どもを育てるという意識を持ちながら遊びを提供するのも大人の役割ですよね。憎しみだけを増幅されるような遊びはやっぱり嫌です。

楽しい気持ちで子どもたちが遊ぶのが一番。その何気ない遊びにも実はちゃんと大人の意思がはたらいていて、思いや願いが織り込まれているのがぴかりんやまっちゃんやユズリンの遊びなんだと思います。

ただただ楽しいだけのサマカレじゃないってことは参加した皆さんがきっと気づくはず!

来年もぜひサマカレにきてください。

心をやわらかく・・こどもを、命を真ん中に考えて行動できる大人になりたいな・・・

皆さんの参加をおまちしています!

|

« たのしいよ | トップページ | 新生れ!栗原! »

コメント

お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
今回のサマカレは深く考えることがたくさんありました。
生きていく中で本当に必要なことを肌で感じながら…これからもよろしくお願いします。

投稿: とだ~ | 2008年7月29日 (火) 21時52分

noteとだ~さん
おつかれさまでした。
わたしは机にはりついていたので実は遊びとか・・よくわからないままに2日間終わりました。なので千葉会場ではおもいっきり楽しむつもりです!
毎回同じことを言われるのに、感じ方が違うんですよね。自分が変わってきている証拠かもしれません。
これからも大事にしたいことはなんだろう・・と心に思いつつ進んでいきましょうね!ありがとうございました。

投稿: とらちこ | 2008年7月29日 (火) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たのしいよ | トップページ | 新生れ!栗原! »