« 31回日本アカデミー賞・・ | トップページ | また花園ネタですが・・ »

2007年12月19日 (水)

P-sあそびの会(勉強会)

今年の夏、あちこちの研修会でたくさん学んできた仲間から、教えてもらおう!と、いうことで、メンバーのまめぞーくんと大吉くんが講師となって会を開きました。

12月の忙しい時期ということもあって、お休みのメンバーも多かったのですが、参加した仲間は貴重な時間をすごせました。

何かを始めるときの歌・・・手遊びを交えながらのもの。実践していくうちに子どもたちが聞きつけて集まってくる・・ということでしたよ。

紙皿シアターや、まめぞー君のオリジナルのうた。これは保育の中で生まれて、保育の中で活きている歌なのです。

Photo 今回の二人と遊んでいてずっと思っていたのは、

ふたりともいい保育士さんだよなぁってこと。

「いい」って?

こどもにぴったり自分の気持ちを添わせているからです。お当番の活動を始めたまめぞーくんは、こどもたちの気持ちを盛り上げて、お当番活動がずっとずっとおもしろいものになっているんですよね。

手遊びをマニュアルどうりにするんじゃなくて、目の前のこどもたちの姿に、どんどん変化させていける柔らかさをもつ大吉くんは、若いのに保護者の方からも信頼があつい!

さて、次回はだれがやる???

|

« 31回日本アカデミー賞・・ | トップページ | また花園ネタですが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 31回日本アカデミー賞・・ | トップページ | また花園ネタですが・・ »