« 夜明け前に・・ | トップページ | タイトル変更してみました »

2007年10月25日 (木)

こどもとしょかん/とらちこの庭

つながりあそび・うたとはちょっと関係ないことですが・・・・もうひとつのとらちこのつながりについて。

とらちこが初めてサマ・カレを知り、つながりあそび・うたに出会ったのは、さつぼうがやっと2歳になった頃でした。その年に、もうひとつ、大きな出会いがありました。

東京子ども図書館・松岡享子さん。たくさんの絵本も翻訳されているし、名前はご存知の方も多いですよね。松岡先生が講師を勤めることになった、お話の講習会18期に参加できることになったのです。月に1度、東京子ども図書館に通い、たくさんのお話を聞きました。(レポートはきつかったよ~)お話のことを書き始めると長くなってしまうのでまた今度ね。

先日送られてきた機関誌に、アンデルセンの人魚姫を翻訳していること(たぶんもう終わった作業のようですが)が載っていました。抜粋してここに書いちゃいます・・・!

・・・ぎりぎりになって、ようやく重い腰をあげて取り組んだのでしたが、はじめてみると、なんとふしぎなことに、すっと話の中にすべりこんでしまったのです。あとは物語の強力な磁場に吸いつけられたようで、ときには海の底にいて、青暗い水を通して、薄明るい月の光を見ている気分になり、時には魔女の森のあまりの気味悪さに鳥肌が立ち・・・といったふうで、起きている時間のほとんどを‘むこう’の世界ですごすようなことになってしまいました。・・・・・

  こどもとしょかん・秋号ランプシェード・松岡享子より

お話の語りを聴いたことのある方なら、これだけで引き込まれていきそうです。

語るより、朗読向きとのこと。ゆっくり声に出して読むと、1時間20分はかかるそうです。

「こどもたちに読んでやる機会は、めったにないでしょう。でも、なんとかその機会をつくりたい、と願います。きっと忘れられない体験になるでしょうから」

ああ

私も聞きたいなぁ

そして、いつか、そんな時間をつくってみたいです。

|

« 夜明け前に・・ | トップページ | タイトル変更してみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜明け前に・・ | トップページ | タイトル変更してみました »